こうもと内科・消化器内視鏡クリニック

ご予約 / お問い合わせ
072-331-3011

こうもと内科・消化器内視鏡クリニック

MENU
WEB予約
問診票

外科・肛門外科

Medical

外科・肛門外科

当院では、一般外科診療を行っています。擦り傷や切り傷、やけどなどの処置だけでなく、手術後のケアなどに関しても、できるだけ痛みを抑え、傷跡の目立たない治療を心がけています。また、粉瘤切除などの小手術にも対応しています。
より専門的な設備や機器による治療が必要な際には、近隣の連携病院をご紹介し、スムーズに治療を受けられるようサポートしています。

外科・肛門外科

粉瘤

一見、サイズの大きなニキビのようにも見える出来物です。皮膚の中に、皮膚と同じ構造の袋ができ、中に垢などがたまっている状態です。アテローム、表皮嚢腫とも呼ばれ、良性の皮膚腫瘍の一種ですが、放置して治ることはなく、徐々に大きくなるケースが多いす。細菌に感染して炎症が起こる場合もあります。あまり大きくなってしまったものや、炎症を起こしてしまうときれいに治すことが難しくなるため、早めに治療を受けてください。

症状 皮膚に触れるとしこりのように感じ、放置していると大きくなる傾向があります。粉瘤ができやすいのは顔、頭、背中、お尻です。つぶしてしまうと細菌感染を起こしやすいため、気になるようでしたら触らずに、受診して切除してもらいましょう。また特に触れていないのに炎症を起こすこともあります。炎症を起こすと赤みや腫れ、傷みが起こり、膿がたまって一気に巨大化する場合もあります。
原因 外傷をきっかけに粉瘤ができることはよくあります。ピアスの穴などにできる場合もあります。体質的に粉瘤ができやすいケースも存在します。また、ヒトパピローマウイルス感染も粉瘤ができる原因になります。
治療 粉瘤には有効な薬物療法がなく切除でしか治療できませんが、外来で受けられる局所麻酔での小手術で治療可能です。炎症を起こしている場合には、膿を排出させ、抗生物質で炎症を解消してから後日切除することもあります。
尚、粉瘤だけでなく、脂肪種の場合にも同様の小手術が行われます。
粉瘤の手術費用について 粉瘤、脂肪種の治療として行われる小手術には健康保険が適用されます。
大きさや手術手法、また粉瘤ができている場所により治療費用は変わってきます。
3割負担粉瘤が2~3cm大 5000円前後
粉瘤が3~6cm大 10000円前後
粉瘤が6cm以上 13000円前後
(1割負担の方は、この費用の3分の1を目安にしてください。)

肛門外科

肛門外科は肛門や排便のトラブルなど肛門疾患の治療を行う診療科です。受診しにくいと敬遠されて症状を進行させてしまうケースが多いため、当院ではプライバシーに対する配慮をきめ細かく行って、気兼ねなくいらしていただけるようにしています。たとえば、受付で症状や受診する診療科、治療内容などをお伝えすることはありませんのでご安心ください。また、当院は内科や外科、消化器科など幅広い診療科をみておりますので、お気軽に通っていただけます。
肛門科で診療することが多い疾患に痔があります。痔は早期に適切な治療を行えば、ほとんどの場合、お薬を中心とした保存的療法で楽に、そして比較的早く治すことができます。また、似たような症状がある病気に、早期発見が重要な大腸がんなどもあります。おしりに気になる症状がありましたら、すぐにいらしてください。

主な肛門疾患の症状

肛門の出っ張り

肛門に出っ張りがあると感じたら、内痔核(いぼ痔)、肛門ポリープ、直腸脱などの可能性があります。また、直腸に前がん病変である大腸ポリープができてそれが出てきている可能性もあり、内視鏡で早めに対応することで大腸がん予防につながります。

肛門からの出血

ペーパーに付着する程度から、大量出血まで量の違いが大きく、血や粘膜が混じる血便、ゼリー状の出血、黒っぽいタール便など性状も多様です。可能性がある疾患には、痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)、潰瘍性大腸炎、クローン病、前がん病変である大腸ポリープ、大腸がんなどがあります。大腸疾患が疑われる場合には、内視鏡検査が不可欠です。

肛門の痛み

排便時の激しい痛み、安静時にもズキズキ痛むなどの症状があります。裂肛(切れ痔)、嵌頓(かんとん)痔核(いぼ痔)、血栓性外痔核(いぼ痔)、痔ろうの前段階である肛門周囲膿瘍(のうよう)などの可能性があります。

肛門のかゆみ

炎症性のものでは肛門周囲皮膚炎が最も頻度が高く、感染性ではカンジダ菌や水虫と同じ白癬(はくせん)菌といった真菌(カビ)に感染している可能性があります。

肛門の主な病気

痔核(いぼ痔)

肛門にイボのような腫れが生じる疾患です。排便時の過度ないきみにより、肛門周囲の血管がうっ血し、それによって痔核が発生するとされています。肛門の内側にできたものを内痔核、外側にできたものを外痔核と呼び、症状や治療法がかなり変わってきます。

内痔核

内痔核直腸の粘膜部分である肛門の内側にできる痔核です。直腸内にある時には痛みを生じませんが、排便時の出血を起こすことがあります。排便後の出血を症状として受診され、内痔核と診断されるケースが多いです。

内痔核は病状により、次の4段階に分類されています。

1度 痔核が肛門の内側にとどまっているもの。
2度 痔核が肛門の外側に脱出するが、自然に還納するもの。
3度 痔核が肛門の外側に脱出し、自分で押し戻すと還納できるもの。
4度 痔核が肛門の外側に脱出したままの状態で、押し戻せなくなったもの。

内痔核の治療は、どの段階にあるかで変わってきます。

1~2度の、飛び出た痔核が自然に戻る段階まででしたら、軟膏や座薬などを用いた薬物療法、排便習慣や生活習慣の改善といった保存療法で治療可能です。
2~3度の、薬物療法でコントロールできない、出血が頻回な場合や、脱出した痔核を押し込まないと戻らない・押しても戻らない場合には、ジオン注射による治療が検討されます。
3~4度の、ある程度段階のすすんだ内痔核に対しては、手術が検討されます。痔核を切除する手術は、入院および脊椎麻酔が必要となりますので、近隣の連携病院をご紹介し、スムーズに治療を受けられるようサポートしています。

ジオン注射(痔核硬化療法、4段階注射、ALTA療法)

いわゆる、「痔を切らずに治す」といわれている治療法です。
ジオン注射は、内痔核に注射することで、血管を硬化して血流を遮断する作用・炎症を起こし組織を癒着固定させる作用があり、外科的切除ではなく、注射による治療を可能にしたものです。

いろいろな名称で言われていますが、注射することによって粘膜下に炎症を起こさせ、組織に線維化を促し、硬化させるため痔核硬化療法と呼ばれたり、1つの内痔核に対して4段階の注射をするので、4段階注射と呼ばれたり、ジオンの有効成分(硫酸アルミニウムカリウム水和物・タンニン酸)の頭文字をとってALTAとも呼ばれます。

ジオン注射は、教育を受けた医師が在籍する施設でないと治療ができません。

<p方法としては、
処置室で寝ていただき、肛門周囲への局所麻酔を行い、肛門周囲の筋肉を緩めて注射しやすくします。
ひとつの内痔核に対して4ヵ所にわけて注射し、薬液を十分に浸透させます。複数の痔核がある場合は同様に行います。
約30分前後で終わる処置です。
注射後は落ち着くまでしばらく安静が必要です。

ジオン注射の手術費用について

ジオン注射は、健康保険が適応されます。
3割負担15,000円前後
(1割負担の方は、この費用の3分の1を目安にしてください。)

外痔核

肛門の外側である皮膚の部分に痔核ができます。皮膚には知覚神経があるため、強い痛みを生じやすく、出血は少ない傾向があります。痔核に血栓ができると力を入れた時に激しい痛みを起こす血栓性外痔核になります。
外痔核はまれに手術(血栓除去)が検討される場合もありますが、ほとんどが保存療法で治療可能です。軟膏や座薬などを用いた薬物療法、排便習慣や生活習慣の改善などが保存療法の主な内容です。

切れ痔(裂孔)

肛門の皮膚が裂けて傷ができている状態です。便秘などによる硬い便の通過で起こるだけでなく、勢いよく出る下痢の刺激で裂ける場合もあります。排便時に便が傷に触れながら通過するため強く痛みますが、出血はペーパーに付く程度で少量です。
切れ痔は排便時の痛みで無意識に便意を我慢して便秘になりやすく、硬い便によって排便時の痛みが増して傷が慢性化していく傾向があります。慢性化した傷は深くなって肛門を狭める狭窄を起こし、ますます排便が困難になる悪循環を起こすため、できるだけ早く適切な治療を受け、正しい排便習慣をつけることが重要です。
傷が浅い初期には軟膏や坐薬、そして便を軟らかくする薬の服用などで短期間に改善することがほとんどです。慢性化してしまった場合には手術が検討されます。

痔ろう(穴痔)

直腸の内側から肛門の皮膚に抜けるトンネル状の穴ができてしまう病気です。直腸と肛門の間あるくぼみに下痢などで便が入ってしまい、細菌感染して化膿する肛門周囲膿瘍が起こります。肛門周囲膿瘍は膿がたまった袋ができた状態で、膿が出口を探して進んでいき、肛門の外側にある皮膚を突き破ってトンネル状の穴が貫通します。
貫通した状態が痔ろうです。膿が排出するまでは痛みは続き、熱感がありますが、痔ろうになって穴が開いてしまうと膿が排出されて症状はおさまります。ただし、痔ろうのトンネルは自然にふさがることはなく、直腸から液体が穴を通じて漏れ出して下着を汚すようになります。また、トンネルが複雑に成長してしまうケースもあります。
肛門周囲膿瘍は、早期に切開して排膿することが大切ですので、上記の症状が疑わしいケースでは、お早めにご相談ください。
局所麻酔での簡単な処置で膿を出すことができます。
痔ろうの確定診断・治療はMRI検査や、脊椎麻酔での手術が必要となりますので、近隣の連携病院をご紹介し、スムーズに治療を受けられるようサポートしています。

肛門皮垂

皮膚のたるみが肛門周囲にできている状態で、一時的な腫れが萎縮して残ったものです。外痔核などによって起こります。
切除でしか治療はできません。たるみがあるとかぶれなどの皮膚炎を起こしやすく、美容的にも気になるという場合には、切除をおすすめしています。

肛門周囲皮膚炎

肛門の周囲に起こる皮膚炎です。炎症によるかゆみ、痛みが主な症状で、下着の汚れなども起こります。主な原因には、アレルギー性疾患、カンジダなどの真菌症、痔核・裂肛・ポリープ・肛門皮垂などがあります。また、神経質に拭く、トイレのたびに洗浄するなどをきっかけに発症しているケースもあります。
軟膏処置で悪化する真菌症ではないかをまず確認します。その上で、適した内服薬や軟膏などによる治療を行います。過度な手入れを避け、清潔を保つことを心がけましょう。

肛門の主な病気

診療案内