こうもと内科・消化器内視鏡クリニック

ご予約 / お問い合わせ
072-331-3011

こうもと内科・消化器内視鏡クリニック

MENU
WEB予約
問診票

消化器内科

Medical

消化器内科

食道、胃、十二指腸、大腸、肝臓、胆のう、すい臓などの病気に関する専門的な診療を行っております。
以下のような症状がありましたらご相談ください。

  • 胸やけ
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 胃の痛み
  • 食欲不振
  • 胃の不快感
  • 腹痛
  • 腹部膨満
  • 便秘
  • 下痢
  • 血便
  • 全身倦怠感
  • 黄疸
  • 検診異常(便潜血反応陽性、ピロリ菌陽性、肝機能異常)

逆流性食道炎

胃酸を含む胃内容物が食道に逆流することで、食道の粘膜に炎症が起き、胸やけなどの症状を起こす疾患です。GERD(gastroesophageal reflex disease:ガード)とも呼ばれます。加齢や食生活の欧米化、喫煙・飲酒などの生活習慣、肥満が要因となるため、近年増加しています。主な症状は、胸やけ、胸の痛み、長く続く咳、のどの違和感などです。

診断 内視鏡検査(胃カメラ)をして、食道の粘膜の様子を直接観察し、食道の下端に縦方向に走るびらんや潰瘍が認められれば、診断することができます。
治療 逆流性食道炎の原因として一番多いのが、食道に逆流してくる胃酸であるため、第一選択で使用する薬はプロトンポンプ・インヒビター(PPI)という酸を抑える薬(制酸薬)です。

さらに、プロトンポンプ阻害薬(PPI)の後継とよばれる「カリウムイオン競合型アシッドブロッカー(P-CAB)」とよばれる新しいタイプの胃酸分泌をおさえるお薬を用いる場合もあります。
他の粘膜を保護する薬や他の制酸薬(H2-brockerと呼ばれる薬)を追加したりすることもあります。
症状改善のために、肥満の改善、暴飲暴食を避ける、脂肪分の多い食事を避ける、酸度の高い食品を避ける、上半身を少し上げて睡眠する、などの生活習慣の改善も有効と言われています。

ピロリ菌感染症

ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)は、胃の粘膜に生息する菌で、感染したからといって、潰瘍や胃癌が必ず発症するわけではありません。しかし、感染したほとんどの人に胃炎がおこり、さらには胃・十二指腸潰瘍、胃がんなどを引き起こすケースもあります。ピロリ菌は幼少期に経口感染や井戸水などを介して感染し、一度感染すると除菌しない限り、ピロリ菌は胃の中にすみ続け慢性炎症が続きます。
胃MALTリンパ腫や特発性血小板減少性(ITP)という病気の原因となることもあります。
ピロリ菌感染が診断された場合、除菌治療が勧められていますのでご相談ください。

ピロリ菌感染症

急性胃炎

急激に胃の粘膜に炎症が生じた状態です。
特に、内視鏡検査で胃粘膜に高度の発赤や浮腫、びらん、潰瘍、出血など多彩な変化が観察される病変は、急性胃粘膜病変(acute gastric mucosal lesion:AGML)と呼ばれます。

症状 胃(みぞおち)付近の痛み、胸焼け、むかつき、嘔吐、吐血、下血などが突然起こります。
原因 約半数が薬剤によるものであり、そのうち非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)によるものが約40~60%を占めます。
その他、ストレス、感染、食事(暴飲暴食、香辛料などの大量摂取)などでも起こります。
検査 摂取した飲食物の情報、服用薬などを問診し、内視鏡検査を行って胃の粘膜の状態を観察し、必要であれば胃粘膜組織を採取して確定診断します。
治療 胃酸分泌抑制薬、胃粘膜保護薬、胃の運動機能改善薬などから選択して処方します。
急性胃炎

慢性胃炎

長期間にわたり胃炎が続いている状態のことで、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染が関わっていると考えられています。

症状 空腹時・食後の胸焼け、むかつき、胃もたれ、食欲不振などです。症状がほとんどない慢性胃炎もあります。
原因 ほとんどはピロリ菌感染により起こっています。
治療 内視鏡検査で慢性胃炎の程度を確認し、ピロリ菌感染の有無を調べます。ピロリ菌に感染していたら除菌治療が重要です。内視鏡検査では、胃粘膜の萎縮などについて直接観察し、病変があれば組織を採取して確定診断につなげます。
萎縮が進行すると腸上皮化生と呼ばれる状態になり、胃がんの発生リスクが高くなりますので、そこまで進行させないために慢性胃炎はできるだけ早期に治療を受けることが重要です。

胃・十二指腸潰瘍

胃・十二指腸潰瘍とは、胃液の刺激によって、胃・十二指腸の組織がはがれて内部からえぐられた状態です。

症状 最も多いのがみぞおちの痛みです。
胃潰瘍の場合は、食事中から食後に痛みが起こることが多く、十二指腸潰瘍の場合は、空腹時、特に早朝に痛むことが多いです。
胸やけ、吐き気、嘔吐、食欲不振を伴うこともありますが、自覚症状が全く無い人もいます。
一方、潰瘍が進行した場合には、出血や穿孔を伴うことがあります。胃・十二指腸潰瘍からの出血の場合、タール便と言ってどす黒い便が出ることが多いです。
診断 胃の状態を調べる代表的な検査には、X線検査(胃透視)と、内視鏡検査(胃カメラ)がありますが、直接胃の中を細部にわたって観察でき、組織検査もできるため、最近では内視鏡で検査することがほとんどです。
当院では、出来るだけ患者様の苦痛を和らげる目的で、患者様の希望に応じて鎮痛剤(眠たくなるお薬)を使用して内視鏡検査を行っています。
治療 基本的に、胃の安静のため消化の良い柔らかい食事を少量ずつ数回に分けて摂取することが勧められていますがそれだけで治らないため、薬物療法として、主に下記のようなお薬を投与いたします。

①胃酸分泌を抑制する(胃内を中和させる)目的でPPI(プロトンポンプ阻害薬)やH2ブロッカーが用いられます。さらに、「カリウムイオン競合型アシッドブロッカー(P-CAB)」とよばれる新しいタイプの胃酸分泌をおさえるお薬を用いる場合もあります。
②その他、胃の粘膜を増加させる薬剤や、血液を改善させる薬剤、組織修復を促進する薬剤など、防御因子改善剤が用いられます。
③非ステロイド系消炎鎮痛剤(NSAIDs)による潰瘍に対しては、プロスタグランディン製剤が用いられます。

出血性潰瘍、穿孔性潰瘍、難治性潰瘍、狭窄症例などは、入院や手術を必要としますので、専門の高度医療機関へ紹介することがあります。

胃・十二指腸潰瘍

便秘症

慢性便秘症診療ガイドラインにおいて、「本来体外に排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状態」と定義されています。

症状 おなかが張って痛い。便の回数が少ない。便を出せない。便が硬い。便が残っている感じがする(残便感)。
原因 不規則な食生活といった生活習慣に関与するものや、便意を我慢したり、排便時に力みすぎたりといった習慣的な行為が要因となる場合もあります。
また、糖尿病薬、高コレステロール薬、骨粗鬆症薬、抗うつ剤、抗てんかん薬、睡眠薬など、何らかの内服薬が原因となっている場合もあります。あるいは、便秘を合併する疾患が原因となっている場合もあります。糖尿病、甲状腺機能低下症、高カルシウム血症、パーキンソン病、うつ病などが代表例です。
治療 まずは生活習慣の改善が治療の第一歩となります。食物繊維の多い食事は便秘症の排便状況を改善させるといわれています。
ただ、慢性便秘にお困りの方で、生活習慣の改善だけでは軽快しないことが多いと思われますので、薬物療法の対象となります。下剤や漢方薬など便秘症に有効である内服薬を選択し処方させていただきます。ご相談いただければと思います。

胆石症

胆のうや胆管に石ができて、時に痛みなど様々な症状を引き起こす病気の総称であり、結石の存在する部位により、胆のう結石、総胆管結石、肝内胆管結石と呼ばれます。一般的には胆のうの中に結石が出来る胆のう結石を、胆石と呼びます。

症状 無症状のことも多いですが、一般的な症状としては、心窩部(みぞおち)を中心とした疝痛発作(激しい痛み)が典型的で、これに右肩や背中の痛みを伴う場合もあります。
発作は、脂肪の多い食事を摂った後や、食べ過ぎた後に起きやすいという特徴があります。
疝痛発作以外にも、吐き気や嘔吐などもしばしば伴います。炎症が加わると発熱もみられ、石が胆管に詰まると黄疸や肝障害も併発します。
診断 血液検査では、胆石発作(疝痛発作)に伴って、血液検査で炎症反応やGOT(AST)、GPT(ALT)などの肝酵素や胆道系酵素(ALP、LAP、γ-GPT)の上昇が見られます。胆のうから落下した胆石が総胆管の出口を塞ぎ、黄疸や急性膵炎を合併すると、ビリルビンやアミラーゼの値の上昇も見られることがあります。
画像検査では、胆石症の検査の中で最も標準的な方法が超音波(エコー)検査で、胆のう結石や肝内結石はほぼ確実に描出できます。
CT 検査は、超音波検査ほどの検出率は良くありませんが、石灰化胆石の検出や胆嚢周囲の炎症を知る上で有用な検査です。
胆石の診断で、手術などの治療が必要であれば、入院や手術を要しますので、専門の高度医療機関へ紹介することがあります。
胆石症

過敏性腸症候群(IBS)

お腹の痛みや調子がわるく、それと関連して便秘や下痢などのお通じの異常が数ヵ月以上続く状態のときに最も考えられる病気です。
ほかの病気(腸の腫瘍や炎症など)がないことを確認することが大前提となります。
10人に1人くらいの人がこの病気であるといわれています。女性のほうが多く、年齢とともに減ってくることがわかっています。命に関わる病気ではありませんが、お腹の痛み、便秘・下痢、不安などの症状のために日常生活に支障をきたすことがありますので、下記の症状があればご相談ください。

過敏性腸症候群の診断基準(ローマⅢ基準)

最近3ヵ月の間に、月に3日以上にわたってお腹の痛みや不快感が繰り返し起こり、下記の2項目以上の特徴を示す。

1)排便によって症状がやわらぐ
2)症状とともに排便の回数が変わる(増えたり減ったりする)
3)症状とともに便の形状(外観)が変わる(柔らかくなったり硬くなったりする)

治療 まず、生活習慣の改善が重要です。
3食を規則的にとり、暴飲暴食、夜間の大食を避け、食事バランスに注意したうえで、ストレスを溜めず、睡眠、休養を十分にとるように心がけてください。刺激物、高脂肪の食べもの、アルコールは控えてください。
生活習慣を改善しても症状がよくならない場合は、お薬による治療を行います。消化管機能調節薬と呼ばれる腸の運動を整える薬や、プロバイオティクス(ビフィズス菌や乳酸菌など)、あるいは高分子重合体といわれる水分を吸収し便の水分バランスを調整する薬があります。

食道がん

食道がんは、食道の内面をおおっている粘膜の表面からできます。食道がんは食道内にいくつも同時にできることもあります。初期には自覚症状がないことが多く、進行すると飲食時の胸の違和感、飲食物がつかえる感じ、体重減少、胸や背中の痛み、咳、声のかすれや体重減少などの症状が出現します。
進行が非常に速い厄介ながんですが、初期の段階で発見することができれば、内視鏡治療で治癒が望めます。よくお酒を飲む人や喫煙習慣のある人は、専門医による定期的な内視鏡検査をおすすめします。

胃がん

胃がんは、日本人に最も多いがんの一つです。胃の壁の内側をおおう粘膜の細胞が何らかの原因でがん細胞となり、無秩序に増えていくことにより発生します。
胃がんの中には、胃の壁を硬く厚くさせながら広がっていくタイプがあり、これをスキルス胃がんといいます。早期のスキルス胃がんは内視鏡検査で見つけることが難しいことから、症状があらわれて見つかったときには進行していることが多く、治りにくいがんです。
胃がんは、かなり進行しても症状がない場合がありますが、代表的な症状としては、胃(みぞおち)の痛み・不快感・違和感、胸やけ、吐き気、食欲不振などがあります。また、胃がんから出血することによって起こる貧血や黒い便が発見のきっかけになる場合もあります。
また、食事がつかえる、体重が減る、といった症状がある場合は、進行胃がんの可能性もあります。
これらのような症状がある方は、受診、胃カメラをお勧めします。早期の胃がんは、内視鏡治療のみで完治するため、早期発見が大変重要となります。

胃がん

大腸がん

大腸がんは、大腸(結腸・直腸・肛門)に発生するがんで、腺腫という良性のポリープががん化して発生するものと、正常な粘膜から直接発生するものがあります。日本人ではS状結腸と直腸にがんができやすいといわれています。近年、日本人の大腸がん罹患率(かかる人の割合)は増加の一途をたどっています。高齢化に加え、食生活や生活習慣の欧米化が原因と考えられています。
早期の段階では自覚症状はほとんどなく、進行すると症状が出ることが多くなります。症状としては、下血(肛門から赤~暗赤色あるいはタール状の黒色の血液が流れ出す状態)、血便(便に新鮮な赤い血が混じる)、下痢と便秘の繰り返し、便が細い、便が残る感じ、おなかが張る、腹痛、貧血、体重減少などがあります。
最も頻度が高い下血、血便は痔などの良性の病気でもみられるため、痔だと思って、そのままにしておくとがんが進行してから見つかるケースもあるので注意が必要です。大腸がんの早期発見のために早めに受診し検査を受けることが大切です。
特に血縁者に大腸がんに罹った人がいる方や40歳を過ぎた方には、定期的な内視鏡検査をおすすめします。

大腸がん

上部消化管内視鏡検査
(胃内視鏡検査、胃カメラ)

胃内視鏡検査は一般によく「胃カメラ」と言われている検査です。
胃や食道の病気の早期発見に有効な検査方法のひとつとして重要な役割を果たしています。過去に辛くて苦しい内視鏡検査を体験された方もおられると思いますが、近年の内視鏡技術は格段に進歩しています。苦痛も少なく、より精密な検査を行うことが可能となっています。

経鼻内視鏡検査

カメラを口ではなく鼻からカメラを挿入するので、舌の根元に当たらず吐き気は少なく済みます。ただ、極細内視鏡を使用するものの鼻の内腔が狭い方では、通過しない場合(1割程度)もあり、その場合、経口への変更をお勧めするケースがあります。

経口内視鏡検査

カメラを口から挿入し、食道・胃・十二指腸の様子を画面に映し出して検査を行います。カメラは非常に細く苦痛は少ないですが、経鼻内視鏡と比べると、吐き気が出ることがあり、注射による鎮静剤を使用し、寝ている間の検査をお勧めすることもあります。

上部(胃)内視鏡検査でわかる疾患

上部内視鏡検査では、胃がん、食道がん、十二指腸がんといった悪性腫瘍などの他に、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、急性胃炎、慢性胃炎(ピロリ関連疾患)、胃ポリープ、十二指腸ポリープ、逆流性食道炎といった疾患の診断・検査に有効です。

上部消化管内視鏡検査(胃内視鏡検査、胃カメラ)

胃内視鏡検査の流れ

検査前

*予約システムでの検査予約をされた方は、問診票、説明・同意書をダウンロードし記載して持参していただけると、検査当日のみ受診していただき、検査までスムーズにすすめることができます。

診察にお越しくだされば、現在の症状やこれまでの病歴などを伺います(人間ドックや健診で引っかかった方は、検査結果一式をお持ちください)。腹部の診察や、内視鏡検査に必要な血液検査を行うこともあります。
患者様のご都合を聞きながら検査日程を決定し、ご予約をお取りし、検査についての詳しい説明を行います。

検査枠の込み具合にもよりますが、当日の検査にも対応致します。お電話いただき、食事を摂らないで来院してください。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)と同日に検査を行うこともできます。ご相談ください。(大腸内視鏡検査を行う場合は、事前の問診・内服薬処方が必要ですので、前日までに一度受診が必要です。)

鎮静剤を使用した胃カメラをご希望される場合は、車を運転してこないようにしてください。

診察時にお持ちいただくもの

  • 保険証
  • 服用中のお薬がある方は、お薬手帳などお薬の内容がわかるもの
  • 人間ドックや健診で引っかかった方はその検査結果一式

朝の検査の場合:原則として、前日の食事制限は必要ありませんが、なるべく21時までに食事を済ませてください。当日の朝は食べないでいらしてください。水分は、水やスポーツ飲料など、色のついていないものならば問題ありません。午後の検査の場合:朝は軽く済ませてお昼は食べないでください。
服装は、なるべく楽な格好でお越しください。

検査当日

1.受付(問診票記入)

スタッフの指示に従ってご記入ください。わからないことなどございましたら、お気軽にお尋ねください。

2.問診

内視鏡検査を行う事前チェックとして問診を行いますので、質問にお答えください。

3.診察

検査前に、診察を行います。検査を行うにあたり、問題が無いかを確認します。また、検査前処置や検査方法など、検査完了までの流れをご説明します。

4.検査

内視鏡検査を行います。
力を抜き、リラックスして受けてください。
検査は5~10分で終わります。

5.検査終了後

検査が終わって身支度を整えたら、少し休んでください。
気分が悪い時は、お申し出ください。
お休みいただいた後、検査後の注意事項の説明があります。

6.検査結果の説明

画像をご確認いただきながら検査結果の説明を行います。

検査費用について(3割負担)

初診料・前処置薬剤・採血 2,000円~3,000円
胃内視鏡(検査のみ)  約4,000円
病理細胞検査(追加費用) 3,000円~6,000円
合計           6,000円~13,000円
(1割負担の方は、この費用の3分の1を目安にしてください。)

下部消化管内視鏡検査
(大腸内視鏡検査、大腸カメラ)

大腸がんや大腸ポリープは、定期的な内視鏡検査を行っていれば、早期に発見でき、内視鏡での治療が可能な病気です。当院では従来に比べ痛みの少ない、安心できる大腸内視鏡検査を行っております。
大腸内視鏡検査は腸内をスコープで直接観察する検査ですので、下剤により腸の中をきれいにする必要があります。
検査時間は通常15~20分程度ですが、腸の長さや状態により個人差があります。

下部消化管内視鏡検査(大腸内視鏡検査、大腸カメラ)

当院の大腸内視鏡検査の特徴

リラックスして受けられる検査

検査前に大腸をきれいにする下剤(約2リットル)を約2時間かけて飲んでいただき、何度も排便していただく必要があります。検査は13時頃から排便状況の確認が出来た順番に行います。検査までの時間を少しでもストレスなく過ごしていただくために、専用トイレ、チェア、テレビ、インターネットを完備したブースを用意していますので、初めて大腸カメラを受ける方、遠方の方にも安心して受けていただけます。
(近隣の方(当院まで1時間以内で来れる方)は、ご自宅で下剤を飲んで来られても構いません。)

苦痛の少ない内視鏡検査

鎮痛剤・鎮静剤を使用した検査が可能です。眠っているような感覚になり、不安や苦痛を感じずに検査を受けることができます。
内視鏡の検査中は脈拍と体内の酸素濃度が表示されるモニターを付け、心電図や血圧も連続的に測定し、リアルタイムで体の状態を正確に把握することができるため、より安全に検査を受けることができます。

一人一人にあった検査

内視鏡消毒システムを採用することで大腸菌や肝炎ウィルスなどの病原菌を制御することで、患者さま一人一人にあった内視鏡検査が可能です。
前処置は、自宅で内服してこられるパターンと、当院で内服していただくパターンとを用意しております。ご自身の生活スタイルに合ったパターンをお選びください。

安心して検査を受けていただける環境

検査は原則として院長が行います。院長は日本消化器内視鏡学会の内視鏡専門医です。また専門医を指導する立場にある内視鏡指導医も取得しています。
看護師も消化器内視鏡検査の介助に熟練したスタッフが常勤しており、患者さんの立場に立って看護をいたします。

大腸内視鏡検査の流れ

検査前

*検査予約(電話にて)をされた方は、前日までに一度来院して、問診を受け、下剤・前処置薬等をもらってください。問診票、説明・同意書をダウンロードし記載して持参していただけると比較的スムーズに進めることができます。

大腸内視鏡検査をご希望の場合は、検査前日までに外来を受診して頂きます。
受診されれば、現在の症状やこれまでの病歴などを伺います(人間ドックや健診で引っかかった方は、検査結果一式をお持ちください)。腹部の診察や、内視鏡検査に必要な血液検査を行うこともあります。
検査についての詳しい説明を行います。
患者様のご都合を聞きながら検査日程を決定し、ご予約をお取りし、検査についての詳しい説明を行います。

胃内視鏡検査(胃カメラ)と同日に検査を行うこともできます。ご相談ください。

基本的に、鎮静剤使用下での検査となりますので、検査当日は車を運転してこないようにしてください。

診察時にお持ちいただくもの

  • 保険証
  • 服用中のお薬がある方は、お薬手帳などお薬の内容がわかるもの
  • 人間ドックや健診で引っかかった方はその検査結果一式

検査前日・当日

1. 検査前日の夕食は軽めに午後9時までにすませてください。
(野菜や繊維の多いもの、果物は避けて下さい。)

午後9時に指示された下剤を飲みます。

*水分は摂っていただいて大丈夫です。(水・お茶・スポーツドリンクのみにしてください)
*寝る前に服用しているお薬がある方は飲んで頂いて大丈夫です。

2. 検査当日は絶食です。(飲水は検査1時間前までは可能です。)

常用している薬は検査予約時の指示通り服用して下さい。
糖尿病の方は、検査当日の朝の薬は服用しないで下さい。

朝9時頃から、腸管洗浄液を約2L服用して頂きます。
*当院で飲まれる方は、受付を済ませた後、前処置室(専用トイレ、チェア、テレビ、インターネットを完備))をご利用ください。
*自宅で腸管洗浄液を服用される方は、服用、排便後、検査30分前までに来院し、診察券・承諾書を出して受付をしてください。

排便状態の確認をします。(最終排便の性状を確認し、検査が正しく行える状態かを判断します。5-10回の排便により、便の性状が透明で水の様になれば検査可能です。

3.検査は13時頃から順にしていきます。

検査着に着替え、ストレッチャーに横になり鎮静剤を注射しリラックスした状態で検査開始です。
検査は15~20分程度で終了します。
ポリープ切除の場合は20分~30分程度かかります。

4.検査終了後

検査後は鎮静剤の効果がきれるまで、1時間くらい回復室で休んで頂きます。気分が悪い時は、お申し出ください。

5.検査結果の説明

画像をご確認いただきながら検査結果の説明を行います。検査後の注意事項の説明もあります。検査後の車の運転は出来ません。

胃内視鏡検査(胃カメラ)を同日に行うこともできます。ご相談ください。

検査費用について(3割負担)

初診料・前処置薬剤・採血 2,500円~4,000円
大腸内視鏡(検査のみ) 約5,000円
病理細胞検査(追加費用) 3,500円~9,000円
合計           7,500円~18,000円

大腸ポリープ切除術  合計20,000円~30,000円
(1割負担の方は、この費用の3分の1を目安にしてください。)

当てはまる方は大腸内視鏡検査を受けましょう

  • 排便時に出血を認める、便に血が混在している
  • 検診で便潜血反応が陽性だった
  • 貧血を指摘されたり、急激な体重減少がある
  • おなかの調子が悪い(腹痛、腹部膨満感など)
  • 便通異常のある方(便秘、下痢、便が細かい)
  • 過去に大腸ポリープがあった方
  • 血縁者が大腸がんになった方
  • 40歳以上の方で大腸内視鏡検査を受けたことがない方

診療案内