こうもと内科・消化器内視鏡クリニック

ご予約 / お問い合わせ
072-331-3011

こうもと内科・消化器内視鏡クリニック

MENU
WEB予約
問診票

内科

Medical

一般内科

風邪(咳、鼻水、発熱、頭痛など)、インフルエンザ、肺炎、生活習慣関連(高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満など)、花粉症、骨粗しょう症、貧血、喘息、肺気腫、不整脈、動脈硬化など、幅広く内科系疾患全般に対応いたします。
急な体調不良や日常的に起こる症状の診察・検査などに応じます。お気軽にご相談ください。

風邪

鼻や喉(上気道)に感染がおこり炎症を起こします。症状は、咳、鼻水、鼻づまり、軽いのどの痛みや発熱等で原因の9割以上がウイルスによるものです。
かぜを生じるウイルスは200種類以上と言われており、ライノウイルス、コロナウイルス、RSウイルス、パラインフルエンザウイルスなどがあります。
治癒が遅れると、気管支炎や肺炎に進行する場合もありますので、治ったと思って無理をせず、しっかり完治するまで来院されることをおすすめします。熱を含めた症状の経過をしっかり観察することが大切です。
9割以上がウイルスによるものなので、細菌に対する治療薬である抗生物質は効かないことが多く、当院では、対症療法(咳、鼻水、のどの痛みに対する治療)や、漢方薬をお薦めさせていただくことが多いです。

インフルエンザ

インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。感染すると、1~5日の潜伏期間の後、38℃以上の高熱や筋肉痛などの全身症状が現れます。風邪よりも急激に発症し、症状が重いことが特徴です。
健康な人であれば、その症状が3~7日間続いた後、治癒に向かいますが、高齢者などでは気管支炎や肺炎などの合併症を発症しやすく、重症化すると脳炎や心不全になる場合もあります。インフルエンザウイルスは、いったん流行すると、年齢や性別を問わず、多くの人に短期間で感染が広がります。二次感染、合併症の予防のために、できるだけ早く受診することが大切です。
当院では、富士フィルムのフジドライケムという、1台でインフルエンザや肺炎マイコプラズマなど複数の風邪症候群の抗原に対応できる検査システムを導入しています。写真フィルムの銀増幅技術を応用した高感度検出技術により、抗原量の少ない発症初期でもより精度の高い判定が可能です。

高血圧

血圧が高い状態が続く事で血管の壁に圧力がかかり、その結果、血管を傷めて次第に血管が硬くなり動脈硬化へとつながります。
高血圧の原因は特定されていませんが、遺伝的要因と食生活(塩分の高い食事)や嗜好(喫煙・飲酒)過多、または運動不足や精神的なストレスなどの環境的要因が重なって引き起こされると考えられています。
治療の基本は他の生活習慣病と同じく食事療法・運動療法です。それらをきちんと行っていても血圧の下がり具合が十分でなければ、薬を処方します。

高脂血症

血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が多い為に引き起こされる疾患です。
これらの余分な脂質は、動脈の壁にくっついて血管を硬く狭くしていずれ動脈硬化を引き起こします。
コレステロールには善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があり、善玉コレステロールは細胞内や血管内の余分な脂質を肝臓に戻す働きがある為、悪玉コレステロールを減らすことに役立っています。
高脂血症の主な原因は食生活(カロリー過多)や嗜好(喫煙・飲酒)過多、運動不足、遺伝などが考えられます。
治療の基本は、食事療法・運動療法です。それらをきちんと行っていても脂質の下がり具合が十分でなければ、薬が処方されます。

高脂血症

糖尿病

血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が高くなる病気です。
人体は、たくさんの細胞から成り立っていますが、この細胞が働く為のエネルギー源がブドウ糖です。
膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが、血液中のブドウ糖を細胞の中に取り入れる役割を果たしています。しかし、このインスリンの量が不足したり、働きが悪くなったりすると、ブドウ糖が細胞内に取り込まれなくなり、血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が高くなってしまうのです。
糖尿病の治療では、食事療法や運動療法がもっとも重要です。適切な食事や運動療法で血糖値が改善しない場合、薬による治療を行います。
薬による治療では、複数の薬剤を組み合わせることが多くあります。不足あるいは欠乏したインスリンを体外から補充したり、膵臓からのインスリン分泌を促進するような薬剤を使用したりすることもあります。他にも、糖分の吸収を抑制して血糖値の上昇を緩やかにする薬剤を使用することもあります。
糖尿病は自覚症状がはっきりしない場合であっても病状が進行し、目や神経、腎臓などの機能が悪化することがあるため、適切なタイミングで治療を行うことが大切です。

花粉症

スギやヒノキ、ブタクサなどの花粉が、鼻の粘膜や目の結膜を刺激することによってアレルギー反応が起こり、鼻水や涙が止まらなくなる病気です。基本的には、花粉が飛散する時期にだけ症状が現れますが、中には複数のアレルゲンをもっていると、1年中症状に悩む人もいます。鼻水とくしゃみがひどいタイプ、鼻詰まりがひどいタイプ、それら両方の症状がひどいタイプがあり、症状によって治療法が異なります。
症状に合わせた内服薬、点眼薬、点鼻薬などを処方します。

花粉症

診療案内